まるはなのみのみ

日記です。ときどき意見や感想。

アブラムシ

Zootaxa 5183(1)

Vol. 5183 No. 1: 12 Sept. 2022 | Zootaxa Roger Laurence Blackmanが亡くなっていたようだ。知らなかった。追悼特別号でアブラムシの論文が29本掲載されている。 ネットの”Aphids on the World's Plants”はどうなるんだろう。 アブラムシ屋の検索表、どこ…

ヤナギコブオオアブラムシのミトゲノム

Shuang Xu, Xiaolu Zhang, Liyun Jiang, Jing Chen & Gexia Qiao (2022) The complete mitochondrial genome of Tuberolachnus￿salignus (Gmelin, 1790) (Hemiptera: Aphididae:Lachninae), Mitochondrial DNA Part B, 7(7): 1275-1276. DOI: 10.1080/2380235…

Neoceruraphis

A.V. STEKOLSHCHIKOV (2022) Revision of the genus Neoceruraphis Shaposhnikov, 1956 (Hemiptera: Aphididae). Zootaxa, 5159(1): 23-63. ゴマギオマルアブラムシNeoceruraphis pseudosensoriata (Pashtshenko, 1988)の再記載。本種はSappaphis viburnicol…

Aspidophorodonの6新種

Xu Y, Jiang L-Y, Chen J, Kholmatov BR, Qiao G-X (2022) Six new species of Aspidophorodon Verma, 1967 (Hemiptera, Aphididae, Aphidinae) from China. ZooKeys 1106: 1–55. https://doi.org/10.3897/zookeys.1106.77912 日本からは1種のみ知られるAspi…

岡山県からタケワタフキヒゲマダラアブラムシ

瀬島翔馬•小橋理絵子(2022)タケワタフキヒゲマダラアブラムシの岡山県からの初記録(半翅目, アブラムシ科).倉敷市立自然史博物館研究報告, (37): 47. 中国地方初記録。

マツナにつく昆虫

Kita A, Elsayed AK, Tokuda M (2022) Intertidal insects associated with halophytic Suaeda(Amaranthaceae) in Japan: a case study in Saga, northern Kyushu. Biodiversity Data Journal 10: e79184. https://doi.org/10.3897/BDJ.10.e79184 有明海5地…

クロフマエモンコブガ

Ito, Y. & I. Hattori (1982) A kleptoparasitic moth, Nola innocua, attacking aphid galls. Ecological Entomology, 7: 475-478. Ito, Y. & I. Hattori (1983) Relationship between Nola innocua Butler (Lepidoptera : Nolidae), a kleptoparasite, and…

オカボノアカアブラムシ

MA Tejeda-Reyes, R Peña-Martínez, N Bautista-Martínez, and R María de Guadalupe Quezada-Daniel (2021) First record of the rice root aphid, Rhopalosiphum rufiabdominale (Sasaki, 1899) (Hemiptera: Aphididae), in coriander in Puebla, Mexico. …

オニグルミクチナガオオアブラムシの韓国からの記録

M. Lee, H. Choi, H.-y. Seo, J. Lim and S. Lee (2021) First Record of Stomaphis matsumotoi Sorin (Hemiptera: Aphididae) in Korea. Korean J. Appl. Entomol. 60(2): 241-245. DOI: https://doi.org/10.5656/KSAE.2021.02.1.068

ケアブラムシ亜科の分子系統

Liu, T.-Y., Chen, J., Zhu, X.-C., Li, C.-L., Jiang, L.-Y., Wieczorek, K. et al. (2021) Molecular phylogeny and macroevolution of Chaitophorinae aphids (Insecta: Hemiptera: Aphididae). Systematic Entomology, 1–12. https://doi.org/10.1111/sy…

フィールド

朝からモニタリングへ。歩くだけ。でも気持ち良い汗をかいた。雪虫が多く飛んでいた。

島根調査 3日目

朝から10年近く前に行った地点へ。久しぶりなのに迷わず行けたし環境も変わっていなかった。訪れた時期もほぼ同じなのに、驚くほどアブラムシが見つからない。一期一会なのだろうか。靴下を2枚重ね履きして近くの山に登る。気持ちの良い山だった。 大学のBCP…

島根調査2日目

以前から気になっていた山へ。道が狭いのでかなり手前で車を停めて歩く。途中、散々探していたアブラムシを見つけ嬉しかった。登山口までかなりあって登山する前に疲れる。山は意外と簡単に登り切った。が、帰りに靴ずれでマメができてしまった。山の環境は…

島根調査1日目

いろいろあって遅れて島根入り。1箇所目でいろいろ採れてホクホク。ここは訪れるのが3度目だが、それでも新発見がある。2箇所目はあまり成果なし。3箇所目に移動する途中で雨が降り、打ち止め。

Rostria (66)はアブラムシ特集号だったらしい

U. KUROSU & S. AOKI (2021) Galls of the aphid Nipponaphis distyliicola (Hemiptera) on deformed leaves of Distylium racemosum. Rostria, (66): 1-5. イスノフシアブラムシの「葉ゴール」の報告。これ面白い。吉富博之(2021)四国初記録のアブラムシ…

モモアカアブラムシのホストとしてカノコソウ

Sasaki D. (2021) First record of Myzus (Nectarosiphon) persicae (Sulzer, 1776) (Hemiptera: Aphididae) occuring on Valeriana fauriei (Caprifoliaceae). Russian Entomol. J., 30(3): 247–251. doi: 10.15298/rusentj.30.3.01 モモアカアブラムシをカ…

アブラムシ食テントウムシと気候変動

J.J. SLOGGETT (2021) Aphidophagous ladybirds (Coleoptera: Coccinellidae) and climate change: a review. Insect Conservation and Diversity, early view. doi: 10.1111/icad.12527 アブラムシ食テントウムシと気候変動のレビュー。色彩変化、生態・化…

ブタナアブラムシ

Sasaki, D. (2021) First record of Aphis hypochoeridis (Hemiptera, Aphididae) from Hokkaido, Japan, with notes on attending ants. Jpn. J. Ent. (N.S.), 24(3): 64–66. ブタナアブラムシAphis (Aphis) hypochoeridis (Börner, 1940) の北海道での記録…

Metanipponaphis

S. Aoki, U. Kurosu, T. Fukatsu, H.-T. Yeh, M. Kutsukake (2021) Revision of the Japanese species of Metanipponaphis (Hemiptera: Aphididae) and its allied genera. Entomological Science, 24: 302–319. https://doi.org/10.1111/ens.12478

クローン間識別

Li Y & Akimoto S. (2021) Self and non-self recognition affects clonal reproduction and competition in the pea aphid. Proc. R. Soc. B 288: 20210787. https://doi.org/10.1098/rspb.2021.0787 プレスリリース。エンドウヒゲナガアブラムシを用いた実…

シャクナゲフクレアブラムシ

D. Sasaki, J. Souma and Y. Matsumoto (2021) New localities for Neoamphorophora ledi (Hemiptera, Aphididae) in Japan. 昆蟲(ニューシリーズ),24(2): 29–33. シャクナゲフクレアブラムシ(新称)Neoamphorophora ledi (Wahlgren, 1938)は日本からは…

ハマサジアブラムシの生態

窪田聖一・星加令久・藤島弘純(1978)ハマサジに寄生するアブラムシの生態.遺伝,32(4):101-107. これは恥ずかしながら知らなかった。重信川でハマサジアブラムシの生態について追っている。春と秋に増え、ある程度の水没には耐えうるが限度があるなどな…

中国からNipponaphisの1新種

Wang et al. (2021) A new species of aphid of the genus Nipponaphis (Hemiptera: Aphididae: Hormaphidinae) from China, inducing galls on the trunk of a witch-hazel (Hamamelidaceae). ZOOLOGIA 38: e60598. ホストはマンサクで、幹に直接着く変わっ…

アブラムシメモ

TY生(1932)山陰に目撃するアリマキ.昆蟲世界,32:80-84. 松江と鳥取で60種を確認。sp.も多い。

トルコからヒノキアブラムシ

Oğuzoğlu, Ş., Şenol, Ö., Avcı, M. & Görür, G. (2021) An invasive species for Turkish aphid fauna: Siphonatrophia cupressi (Swain, 1918) (Hemiptera: Aphididae). Munis Entomology & Zoology, 16 (1): 260-264. ヒノキアブラムシがトルコでも見つか…

ウメコブアブラムシ

Csaba Borbély, Zsuzsanna György, Erzsébet Szathmáry & Viktor Markó1 (2021) Apricot aphid, Myzus mumecola (Matsumura), a new and important pest of apricot in Hungary. Journal of Plant Diseases and Protectionhttps://doi.org/10.1007/s41348-02…

ワタアブラのバイオタイプ

Lee Y, Thieme T, Kim H (2021) Complex evolution in Aphis gossypii group (Hemiptera:Aphididae), evidence of primary host shift and hybridization between sympatric species. PLoS ONE 16(2): e0245604. https://doi.org/10.1371/journal.pone.02456…

韓国からニレヤドリワタムシ

Lee J. & Lee W. (2021) One new record of the genus Eriosoma Leach, 1818 (Hemiptera: Aphididae: Eriosomatinae) from Korea. Journal of Asia-Pacific Biodiversity, in press. https://doi.org/10.1016/j.japb.2020.12.009 ニレヤドリワタムシEriosoma…

ヤナギのクチナガオオアブラムシ

M. Lee, H. Choi, S. Shin, H. Seo, J. Lim, & S. Lee (2020) A new record of a willow-feeding aphid Stomaphis Walker (Hemiptera: Aphididae) from Korea. Journal of Asia-Pacific Biodiversity 13: 727-730. 韓国からStomaphis (Stomaphis) sinisalici…

タケワタフキヒゲマダラアブラムシ

瀬島翔馬(2020)タケワタフキヒゲマダラアブラムシの本州からの初記録.Rostria, (65):43-44. タケワタフキヒゲマダラアブラムシPhyllaphoides bambusicola Takahashiを茨城県と神奈川県で記録。日本では杉本(2019)により九州(福岡県)から初めて報告…