まるはなのみのみ

日記です。ときどき意見や感想。

フィールド調査

いろいろあって宇和島方面へ学生3人を連れてフィールド調査。

まずはじめに湿地。うーん、あまり良い感じではなかった。一面カサスゲで、四国でなければネクイハムシやLimnobarisが採れるのに、と思ってスィープしたらババジョウカイが採れた。が、違うかも。調べるのが楽しみ。県のレッド種がいくつか採れた。椎葉君が湿地の際に転がっている倒木下からDryopomorphusを採っていたのが面白かった。

その後、篠山へ。以前来た時にあまり良いイメージが無かったのだけど、やはり調査が難しいところに感じる。ほとんど成果なく退散。

f:id:yoshitomushi:20210410064646j:plain

県の状況を受けて、大学では期間限定の軽いロックダウンを行う方針になった。午後に方針が決まり夕方にその説明があったが、携帯が通じないところにいたので全く知らず、帰途に知る。マジか…明日は1年生も含め学生たちとライトトラップに行く予定だったけどキャンセル。ちょっと楽しみにしていたのに。

シダ穿孔性の昆虫リスト

Yang J, Wang X, Duffy KJ, Dai X (2021) A preliminary world checklist of fern-mining insects. Biodiversity Data Journal 9: e62839. https://doi.org/10.3897/BDJ.9.e62839

着眼点が良いが、日本産がいくつも抜けているようだし、いろいろ荒い気がする。本論文ではシダの葉の穿孔者(leaf-miners)だけでなく、茎の穿孔者(stem-borers)も含めてリストアップしているようだ。

日常

朝から何だか頭痛。数週間前も頭痛が酷い日があったが花粉症のせいだと思っていた。花粉症の症状が落ち着いているのになんでだろう。一日違和感と共に過ごす。

今書いている短い論文は初めて調べる科の甲虫。ゲニがカッコよくてスケッチし甲斐があった。T9-10の構造が面白いと思っていたら、本亜科の特徴だとHandbook of ZoologyにJFLが書いていた。すごい、よく見ているな。でもこれが図示されるのは初めてのことだと思う。図の版組まで終了。ここからが苦行。

午前中は1年生が2人挨拶に来てくれた。2人とも虫好きそうで良かった。

午後から小西さんと安田君と共にカブトムシの幼虫採り。残念ながら7匹のみ。

夕方にも1年生が1人挨拶に来た。そんなに虫には詳しくなさそうだけど頑張って欲しい。

 f:id:yoshitomushi:20210407221054j:plain

 

Hypophlaeiniの世界のカタログ

M. LILLIG and H.J. BREMER (2021) World Catalogue of Hypophlaeini Billberg, 1820 (Coleoptera: Tenebrionidae: Diaperinae). ANNALES ZOOLOGICI (Warszawa), 71(1): 27-81. 

イシガキホソゴミムシダマシHypophloeus mayumiae Masumoto, 1983をCorticeus (Neglectophloeus) maehleri maehleri (Kulzer, 1957)の新参シノニムとしている。Corticeus (Neglectophloeus) maehleri amamiensis (Kaszab, 1964)は認められているので、後者の和名とアマミホソゴミムシダマシとするなら、前者の和名はイシガキホソゴミムシダマシとなる?

マカオのハナムグリ

Perissinotto R, Clennell L (2021) Census of the fruit and flower chafers (Coleoptera, Scarabaeidae, Cetoniinae) of the Macau SAR, China. ZooKeys 1026: 17–43. https://doi.org/10.3897/zookeys.1026.60036

マカオハナムグリは新記録を含め11種。意外といるんだな、と思った。”Fruit and flower chafers are good indicators of environmental health status”ってそうかなぁ?

Sphaeraphodius

S. KAKIZOE, R.-X. JIANG, H.-H. CAI & S. WANG (2021) Sphaeraphodius gaohani, a new genus and species of Aphodiini (Coleoptera: Scarabaeidae: Aphodiinae) from Guangxi, China. Zootaxa 4949 (2): 333–340. 

カッコいい。マグソコガネとは思えない。