まるはなのみのみ

日記です。ときどき意見や感想。

オフ

6時起床。昨夜は結局最後まで残っていたが、最後の方は酒が回り眠かった。

ちょっと遅れて7時半出発。行きたくないという息子を残し一路高知へ。

f:id:yoshitomushi:20201026083442j:plain

まずは10時に「わんぱーくこうちアニマルランド」へ。開園すぐというのに駐車場が満車で少し待つ。嫁さんがここは来たことがあると言ったが記憶にない。でも実際に8年ほど前に来ていた。その時は動物は見なかったようだ。こじんまりしているが良い展示だった。

f:id:yoshitomushi:20201026083457j:plain

f:id:yoshitomushi:20201026083504j:plain


次は「高知みらい科学館」へ。コインパーキングに駐車し日曜市を冷やかした後に入る。ここの展示もとても良かった。狭いながらよく工夫してあったし市民参加型のイベント等を頻繁にやっているようだ。とても良い。下の階の図書館が新しくて良さそうだった。

f:id:yoshitomushi:20201026083518j:plain

f:id:yoshitomushi:20201026083525j:plain

f:id:yoshitomushi:20201026083534j:plainオオクワは野外採集品?いろいろ驚きの箱。

f:id:yoshitomushi:20201026083543j:plain田中茂穂の展示もあり。牧野富太郎との交流もあったとのこと。展示してある書籍は本物のようだが保存状態も良かった。

f:id:yoshitomushi:20201026083551j:plain

ひろめ市場で昼食。かつお旨い。なんだかんだで予定よりも遅れてしまう。

次は「横倉山自然の森博物館」。15時頃に到着。ここも良かった。昆虫の展示も少しあり、特別展で中学生2人のコレクションを展示していた。これは驚いた。前田君は最近アブに凝っているとのことで、あれれ、と思ったらやはり某氏のお孫さんだった。二人とも虫を続けて、ぜひうちに進学してきて欲しいものだ。

f:id:yoshitomushi:20201026083611j:plain

f:id:yoshitomushi:20201026083619j:plain

f:id:yoshitomushi:20201026083627j:plain

f:id:yoshitomushi:20201026083634j:plain

f:id:yoshitomushi:20201026083641j:plain

下道で久万高原経由で戻る。さすがに夕方には眠くなり嫁さんに運転を代わってもらう。18時半に帰着。疲れた。夕食には自分へのお土産に買ったTOSACO。これ旨い。好き。

f:id:yoshitomushi:20201026083716j:plain

これでリーチ。本当なら揃っていたはずだが、肝心の面河でゲットし忘れていたので、来月にでも貰いに行く!今日廻った高知の3か所の施設はこんな機会がなければ行くこともなかったかも知れない。実際行ってみて展示の仕方などで勉強になることもあったので本当に良い機会となった。

f:id:yoshitomushi:20201026083421j:plain

珪藻と水生昆虫の関係

Stefano Fenoglio, José Manuel Tierno de Figueroa, Alberto Doretto, Elisa Falasco and Francesca Bona (2020) Aquatic Insects and Benthic Diatoms: A History of Biotic Relationships in Freshwater Ecosystems. Water: 12, 2934. doi:10.3390/w12102934

河川生態系の中で、付着藻類と水生昆虫との関係は重要だと思うが、結局あまり研究が進んでいないようだ。このレビューでも面白い事例は紹介されていないように見える。

街に住むLamprigera sp.の幼虫

S. W. Mbugua, C. H. Wong, S. Ratnayeke (2020) Effects of artificial light on the larvae of the firefly Lamprigera sp. in an urban city park, Peninsular Malaysia. Journal of Asia-Pacific Entomology 23: 82–85. 

陸生ホタルLamprigera sp.の幼虫は街の公園に住んでいて、街灯の明かりが消えるとトレイル上でも外でもアクティブになるようだ。まぁ少しは影響があるんだろうな。ライントランセクトを行っているが、街灯がついていると人間側のホタル探索能力が落ちる(ホタルの光が見えにくい)影響はないのかと、幼虫と成虫雌(本属雌は幼虫型)の区別はしているのかが気になった点。クアラルンプールの公園でも街灯がLEDなんだ、というところがちょっと驚き。

韓国のオニケシキスイ亜科

M.H. Lee, S. Lee, & S. Lee (2020) Review of the subfamily Cryptarchinae Thomson, 1859 (Coleoptera: Nitidulidae) in Korea (Part I: genus Glischrochilus Reitter, 1873 and Pityophagus Shuckard, 1839). Journal of Asia-Pacific Biodiversity, 13: 349-357.

韓国のオニケシキスイ亜科のレビジョンの第一弾として、2属Glischrochilus Reitter, 1873とPityophagus Shuckard, 1839を再検討している。3種、ヒラタオニケシキスイGlischrochilus (Librodor) binaevus (Reitter, 1879)、カクムネケシキスイGlischrochilus (Glischrochilus) cruciatus (Motschulsky, 1860)、カタベニツツケシキスイPityophagus basalis Reitter, 1874を韓国から初記録として報告している。標本も標本写真も生態写真も美しく素晴らしい。でもゲニタリアは写真で示されていてまぁ写真は綺麗なのだが、構造が全く分からなくて、やっぱりスケッチでないとダメだな。まぁ何に重きを置くかということだとは思う。

日常

午前中は授業。出席をとるのに、これまでにGoogle FormとMicrosoft Teamsを使ってみたが、後者の場合ログインの仕方が判らないのかレポートの提出方法が判らないのか出席率が悪く困った。なので今回はMicrosoft Formsを使って、ログインしなくても回答できるようにしてみた。授業によって(というよりも受講生の構成によって)オンライン授業への適応の度合いが異なるのも困るし面倒。

午後は解剖など。