まるはなのみのみ

日記です。ときどき意見や感想。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

重信のレイトショー字幕で見た。出てくる怪獣は全てカッコよかった。が、モスラの立ち位置が微妙で、というか、モスラはLepidopteraかと思っていたが、どうもTrichopteraらしいことが判った。モスラの全形がよく判らなかったが、こう少し昆虫っぽい感じが出ていた方がカッコ良かったのに。脚が長いのがシャチホコガの幼虫っぽくて何だか。

昔の日本製ゴジラへのオマージュがいろんなところに出てきて、怪獣映画好きとしては純粋に楽しめた。終わり方も次がありそうだ。ゴジラにはウオノエが付いていたりはしないのだろうか。

山口県のアブラムシ

辻 雄介(2019)山口県に分布するコナジラミ上科・アブラムシ上科・カイガラムシ上科の目録. 豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書, (11): 151-192.

文献記録のまとめ。丁寧に文献に当たり専門家へのヒアリングも行っている。アブラムシは214種。ほとんどが森津先生の時代の記録。現在がどうなのかが気になる。

ペルーのHydaticus

Y.S. MEGNA, M. BALKE, R. APENBORN & L. HENDRICH (2019) A review of Peruvian diving beetles of the genus Hydaticus Leach, 1817, with description of Hydaticus (Prodaticus) panguana sp. nov. and notes on other Neotropical species (Coleoptera: Dytiscidae). Zootaxa, 4615 (1): 113–130.

1新種を記載。生息環境の写真が4枚あり、それぞれに採れた種の写真が小さく右上に出ているのがカッコいい。ぜひ真似したくなるスタイル。

小笠原からセスジダルマガムシ

Yoshitomi, H., H. Karube and M. Hayashi, 2019. A new species of the genus Ochthebius (Coleoptera, Hydraenidae) from the Ogasawara Islands, Japan, with a description of the larva. ZooKeys, 855: 95-107.

オガサワラセスジダルマガムシ Ochthebius (O.) sasakii sp. nov.が記載された。今のところ父島諸島の海岸部の滴り水でのみ発見されている。この数年でも渇水により生息地が減少し、生息基盤は脆弱なようだ。幼虫も記載され、近縁のセスジダルマガムシとシオダマリセスジダルマガムシと比較している。

会議

夕方から教職員組合の総会だった。その後懇親会へ。

懇親会で知り合いの教員が、自己紹介でラーメンが好きで県内で(四国内で、だったかも)130軒廻ったと言っていて驚いた。そんなにあるんだ。自分もかなり好きだし行っている方だと思うけどこれまでにもそんなには行っていない気がする。近場で美味しい所は?と聞かれていて、新倉だと言っていて、なんだやっぱりかと思った。ただ、つけ麺ではなくラーメンの方を勧めていて、なるほどそういうラーメンが好きなんだと思った。

日常

何だか嫌になるニュースがここのところ多い。FITの終了はいきなりで驚いたが、仕方ないのかも。ただよい方向に進まない気がして憂鬱。島根大学の件も驚いた。大学教員でそんなことを望んでいる人がいるのだろうか、と思っていたが、昨日の会議では違う見方をしている話を聞き、なるほどそういうことかもとも思った。いずれにせよ研究がしにくくなりそうな話だ。

午前中は自暴自棄気味に短報を執筆し始めてみる。3ページ位書いた。共著者の意見も聞きつつ夏までに仕上がれば良いな。

午後は実習。暑くてキャンパス間の移動でかなり汗をかく。