まるはなのみのみ

日記です。ときどき意見や感想。

標本調査

今日まで北大勢の標本調査だった。

午前中に竹本君を空港まで送り、戻ってミュージアムで標本整理など。夕方に大原さんらを空港まで送りお別れ。飲みがちょっと続きお腹周りが気になるが、いろいろ勉強になることがあった。また、海浜性甲虫類の標本はかなり整理していただけた。

ナナセキハムシのパラタイプを寄贈頂いた。肉眼ではヨモギハムシと区別できないが、顕微鏡で覗くと全然違って品がある。なるほど、これは自分で採集してみたいな。

 

痛い

相変わらず左腕が痛い。姿勢が悪くなっているせいか、肩こりも酷く、つらい生活を強いられる。これが本当に骨折していたりしたらもっと大変だったのだろう。

腕が痛いせいか、集中力を欠いていて、この前アクセプトになった論文の著者情報の入力の際に思わずAPCをクリックしてしまった。まぁいいかと思っていたら、今日になり図書館経由で40万円になりますがご予算は?という連絡が来て驚いた。すぐにAPCをキャンセルしたが危なかった。気をつけよう。それにしても短いものなのに40万円とは!

ハラビロホソサシガメ

K. OKUDA (2022) A new micropterous species of the Assassin Bug genus Sastrapada Amyot & Serville, 1843 (Hemiptera, Heteroptera, Reduviidae) from Japan. J. Insect Biodiversity 035 (2): 051–059.

ハラビロホソサシガメSastrapada lativentralis sp. nov.を記載。カメムシ図鑑で“Sastrapada sp.”とされていた種。沖縄本島宮古島伊良部島石垣島西表島から記録される。

標本調査

肩は前日よりは痛くない気がする。が念のために朝一で家の近くの整形外科へ。レントゲンをとってみると上腕骨の関節部にヒビが入っているようで、念のためにと包帯で腕を固定される。しかし包帯をしていると何もできないので包帯をとってできるだけ動かさないようにして過ごすことに決める。病院でも酷くないと言われたので何とかなるだろう。

午後から大原さん、小林さん、イアンが標本調査に来られる。1週間の予定。

夜はSOUSOUで懇親会。久しぶりによく飲んだ。

オフ

昨日より腕の状態が良くなく、動かすと痛いし上には上がらない。着替えが大変。

半日寝て過ごす。

普段、寝るときは両腕を上に挙げていることが多い。が、左腕が痛くて動かせないので何だか眠りが浅い気がする。左腕が痛くて使えないだけで不自由だし全ての作業が遅くなってしまう。

ピークハント

午前中はリビングで仕事したりコーヒー飲んだり。

午後から市内のまだ行っていなかった低山のピークハントへ。天気は良いが雪がちらつくほど寒い。標高100~260mくらいの山ばかりで、ここがピーク?というような感じ。

2つ目の山はミカン畑で覆われていて、登り口に迷う。ミカン畑を避けて急斜面の竹林を登っているときに足を滑らせ派手に転ぶ。厚着しているし怪我はなかったけど左手を変にねじってしまい痛くてしばらく座り込む。痛みは治まったので、ピークハント続行。時間が無くなり、6つで終了。6つ目の山では頂上付近に女性が2人いて驚かされた。案の定、ピークハント目的のYAMAPPERだった。道を教えてあげて下まで一緒に下りたのでコーヒーとクッキーを頂く。

帰宅後、ねじった左肩が痛く、夜には腕が上がらなくなっていた。湿布して就寝。